河上 美春

ラテンボーカリスト

高校時代ボーカリストとしてバンド活動に目覚め、ジャンルにとらわれず幅広く歌うことの喜びを知る。
8月6日の原水爆禁止世界大会には広島の高校生代表として反戦歌を歌った。
広島初のサルサバンド、ゴスペル&ソウルミュージックバンドの活動を経て、2008年より広島唯一のサルサ&ラテンバンド『El Combo de la Paz』(スペイン語で平和のバンドという意味)のボーカルとして活動開始
2012年 ラテンボーカリスト河上美春 として人生初の個人活動も始める。同年よりオリエンタルホテル広島でのレギュラー演奏を8年続ける。
その後 ラテン音楽における活動を更に広げたいと模索し続ける中で、『SON四郎』のライブに 強く心を打たれ、 ボーカル、キューバ音楽のスペシャリストでもあるMakotoのレッスンを 受ける為に広島から東京に通い始める。
また、長年の憧れであったオルケスタ・デ・ラ・ルスのボーカルNORAに面会の機会を得られレッスンを受け始める。 
2013年 メキシコ短期留学。グアナファト州 イラプアト ジャズフェスティバルに出演
2015年ファーストアルバム「ラテン&フォルクローレ、歌いましょう!」をリリース
2016年10月 大阪ヴォーカルコンテスト(シャンソン、カンツォーネ、ラテン)にて歌唱賞受賞
2016年12月 認定 NPO法人 Smiling Hospital Japanに所属
指定病院小児病棟にて演奏活動開始
2017年11月 広島市留学生会館にて「フォルクローレコンサート2017」を主催、200名を超える観客で大好評となる。
2018年10月 福島県伊達郡川俣町で毎年開催される日本最大のフォルクローレイベント「Cosquin en Japón」に河上美春ユニットでゲスト出演。
現在、広島を中心に関西、東京にてライブ活動を展開
その他各種イベント、老人施設、病院、学校、公民館などの訪問演奏、リズミカルで楽しく、エネルギー溢れた心の開放感や癒しを感じてもらえるラテン音楽やオリジナル曲を披露、好評を得ている。

 

©2020 by RED BLAZE〜赤組応援団〜実行委員会